ホーム » 司法書士 » 相続登記の登録免許税の免税措置

相続登記の登録免許税の免税措置

今日は、雨。
昨日より気温は低くて熱くはないが、蒸し暑い。
東北や北陸は、大雨とのこと。


不動産の価額が100万円以下の土地のついて相続登記の登録免許税の免税措置
租税特別措置法第84条の2の3第2項

不動産の価額(持分のあるときは持分をかけた価額)が100万円以下の土地の場合、相続登記の登録免許税が非課税となる。
令和7年3月31日まで。
これまでは10万円以下だったが、令和4年4月1日から、100万円以下になり、適用対象が全国の土地になった、とのこと。

不動産の価額は、納税通知書や評価証明書に記載されている評価額のこと。
評価証明書に記載ない場合は、登記官の認定した額。

この免税を受ける場合は、申請書に法令条項を記載する。
(記載例については法務局のサイトを参照)

土地が一筆で100万円以下、あるいは土地が複数あり全部100万円以下で、登録免許税が非課税の場合
 登録免許税 租税特別措置法第84条の2の3第2項により非課税

土地が複数あり、一部が非課税になる場合
 登録免許税 金○○円
       一部の土地(○市○町○丁目○番○の土地)について租税特別措置法第84条の2の3第2項
       により非課税


雑種地、山林、畑等であれば、評価額が100万円以下というのは、ある。

相続登記の費用を出していたら、あ、評価額100万円以下の土地が…。
うっかり、見落とすところだった。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください