ホーム » 司法書士 » 年度末

年度末

なんだかんだと、3月も終わりに近づいて。
年度末。

相続や売買等の所有権移転登記には登録免許税がかかるが、これは不動産の評価額に基づいて計算する。
評価額は年度のものが必要になり、今月末までは令和3年度のもの、4月以降は令和4年度のものとなる。
評価額は、市役所等から送られてくる固定資産税の納税通知書・課税明細書に記載されているので、それを見れば分かるし、また、市役所等で、評価証明書を取れば分かる。
登記にも、評価証明書や納税通知書・課税明細書を添付することとなる。

納税通知書は、4月1日に届くものではないので、令和4年度の納税通知書が届くまでに登記をする場合は、評価証明書を取ることとなる。
もし、4月1日に申請するなら、その日に評価証明書を取って、登録免許税を計算して、申請することとなる。
なお、納税通知書に記載のない不動産の場合(固定資産税が非課税の道路等)は、評価証明書を取ることとなる。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください