ホーム » 司法書士 » 定額小為替の手数料が変わる

定額小為替の手数料が変わる

Firefoxで使っていたスピードダイアルのアドオンが使えなくなっていた。
何でだろ。
違うスピードダイアルを探して入れてみた。


ゆうちょ銀行では、来年1月17日から、定額小為替の証書1枚につき、手数料が、200円になるとのこと。
今は100円なので、2倍の値上がりとなる。
え〜…って感じ。
なお、その前は10円だったので、それからすると20倍。
また、定額小為替の再交付についても、証書1枚につき、手数料が、200円となるとのこと。
再交付については、今は無料。

定額小為替は、その証書を郵便局の貯金窓口に持っていくと、現金を受け取ることができる。
小為替の表に、署名押印して、本人確認書類を提示。
但し、定額小為替の有効期間は6ヶ月なので、6ヶ月を経過した場合は、再発行が必要となる(これに手数料がかかるようになるとのこと)。
小為替に署名押印して、窓口で渡す。
確か、長野県かどこかのセンターで手続きされて、郵便で新しい証書が届く。
それを再利用するか、換金する。

定額小為替は、仕事で使う。
戸籍や住民票、評価証明書等を郵送で取得する場合、その手数料は定額小為替で支払うため。

残高証明書も、1通520円が、1,100円になるとのこと。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください