ホーム » パソコン » ウイルス対策ソフト

ウイルス対策ソフト

パソコンに必須のウイルス対策ソフト。
Macの場合は不要というようなことも聞いたが、業務で使用するため、入れた。
私は、Windowsではカスペルスキーを使い、MacではEsetを使っている。

カスペルスキーは、細かい設定ができて、がっちりしている感じがする。
Esetは、早くて軽い感じがする。
Esetのロボットみたいなやつ、なんだか怖い。(笑)

001_20161018

 

カスペルスキーの更新期限がもうすぐ来るので、更新をするか、あるいはMacと同じEsetにするかを考えていた。
なお、他のものにする選択肢はなかった。

パソコンを複数台使っている関係上、複数台使用可能なものにしたい。
幸いにも、両方とも、3年間5台というものがある。
値段を見ると、Esetの方が、カスペルスキーの約半額になっている。

約3年前に入れたカスペルスキーには、ネット決済保護機能がついていた。
Esetの最新版にもネット決済保護機能がついたが、これはWindows版だけで、Mac版にはついていない。
カスペルスキーの方は、Mac版にも、ネット決済保護機能が付いている。
両者のサイトで比較すると、Mac版の機能は、カスペルスキーの方がよさげ。

先日、macOS10.12に更新されたが、Esetの方は、10.12に対応するのに時間がかかっていた。
一方、カスペルスキーのサイトを見たら、Esetでは未対応の時期でも、対応していた。
Mac使用者としては、こういう点が気になってくる。

というわけで、値段の点ではEsetに魅かれていたのだが、カスペルスキーを更新することとした。
Esetは、Mac Book Pro の方で使うこととした。

5台版にしたので、Macの方にも、Esetをアンインストールして、カスペルスキーをいれることとした。
5台版は、OS関係なく使えるので、パソコンを複数台持っていてmacOSとWindowsを両方使っている身には、大変ありがたい。
母艦は、Esetを使っているときよりも、メモリを食っている。

仮想のWindows10のカスペルスキーを更新した後に、スキャナをしてみたところ、受信できなかった。
なんで?
一方、サブのWindows10の方は、問題なく受信できる。
どういうこと?

仮想マシンの方のカスペルスキーのファイアウォールをオフにしてみたところ、受信できた。
これか…。
だったら、ファイアウォールでスキャナを許可をするような設定にすればいいのか…と思い、設定画面を見たが分からず。
ネットで調べてもよく分からず。

そこで、カスペルスキーに問い合わせ。
設定方法を教えてもらったところ、できた。

 

Mac版カスペルスキー

002_20161018

 

Windows版カスペルスキー

003_20161018


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください