原本還付用のハンコ(ゴム印)

不動産登記や商業登記で原本還付をするにあたっては、「原本還付」・「右は原本と相違ありません」・「司法書士植村清」というハンコ(ゴム印、文字は全て縦書き)をずっと使っている。
そのハンコのうち、「右は原本と相違ありません」と「司法書士植村清」がいよいよダメになってきたので、替えようと思い、ふと思った。

昔は、登記申請書は、用紙B4、縦書き、右綴じだったので、原本還付に関するハンコを押すのは、主に用紙の左側(の余白部分)であった。
なので、「右は原本に相違ない」と「右(右記のこと)」になっていたのであろうし、ハンコの文字も縦書きだったのだろう。

ところが、今は、登記申請書は、用紙A4、横書き、左綴じとなった。
なので、ハンコを押すのは、主に用紙の右側(の余白部分)になった。
この場合、「右は原本と相違ありません」ではなく、「左は原本と相違ありません」になるのだろうが、「右は」のハンコを使い続けてはいる。

で、ハンコを買替えるにあたり、今までと同じの「右は原本と相違ありません(縦書き)」にするか、あるいは、横書きにするか、「上記は原本に相違ありません」にするか、「原本に相違ありません」にするか、どうするか、ちょっと考えた。
今回は、右も上記もなくていいかと思い、主語のない、「原本に相違ありません(横書き)」のハンコにした。
なお、司法書士植村清の横書きのハンコは、既に持っている。

不動産登記規則第55条(添付書面の原本の還付請求)
第1項
書面申請をした申請人は、申請書の添付書面(磁気ディスクを除く。)の原本の還付を請求することができる。(以下、ただし書きは省略)

第2項
前項本文の規程により原本の還付を請求する申請人は、原本と相違ない旨を記載した謄本を提出しなければならない。


商業登記規則第49条(添付書類の還付)
第1項
登記の申請人は、申請書に添付した書類の還付を請求することができる。

第2項
書類の還付を請求するには、登記の申請書に当該書類と相違がない旨を記載した謄本をも添付しなければならない。(以下、ただし書きは省略)




PDFファイルの文字化け

昨日の24時から行われた、対クロアチア戦をネットで見ていた。
何度も、途中で途切れてしまう。
残念なことに、PK戦で負けてしまった。
ねむ…。


ブラウザでPDFフィルを開いて、印刷したら、印刷プレビューでは文字はちゃんと表示されているのだけど、文字が全て□になっていた。
あれ…。
いったん、そのPDFファイルをダウロードしてから印刷したらどうだろう、と思い、そうしてみたが、それでも、文字が全て□になっていた。
何で…。
Windowsで開いて印刷したら、文字化けせずに印刷できた。

Macには、標準で、プレビューというアプリがあり、これでPDFファイルを閲覧できるので、Acrobat ReaderのようなPDFビューワーは入れていない。
そこで、Acrobat Readerをダウンロードして、このPDFファイルを印刷したら、文字化けせずに印刷できた。

今日から12月

なんだかんだと、もう12月になった。
今年も残すところ、1ヶ月。
今日の東京は寒い。

今日から節電要請期間とのこと。

Macのステージマネージャ、オンにしていたが、結局、オフにした。
正直、やりにくかった。

サッカーのFIFAワールドカップ、カタール大会2022。
日本がドイツに勝って、ビックリ。
でも、コスタリカに負けて、あ〜あ。
今日の28時(明日の午前4時)から、スペイン戦。

macOS Ventura ステージマネージャ

プロ野球日本シリーズで、オリックスが優勝した。


macOS Venturaが公開されたので、アップした。
システム環境設定が、システム設定に変わった。
サイドバーがついて、そのサイドバーが、iOS16と同じような感じになった。
Mac(macOS)とiPhone(iOS)の統一感を出すようにしたのだろうか。
「このMacについて」も、システム設定に統合された。
印刷しようとして開いたプリンターのウインドウが、前とは変わっていた。

「ステージマネージャ」という機能も搭載された。
ステージマネージャとは、開いているアプリとウインドウを自動的に整理する機能。
デスクトップ上で、複数のアプリを使っている場合、使っているウインドウが画面中央に表示され、それ以外の開いているけど使っていないウインドウは、画面左側に、自動的に、サムネイルになって整理される。
より作業に集中しやすくする機能、とのこと。

ウインドウを切り替えるときは、その画面左のサムネイルを、クリックする。
なので、ステージマネージャを使うときは、ウインドウを画面一杯に広げていると見えないので、左側を開けておく必要がある。

アプリやウインドウの切り替えなら、ミッションコントロールと仮想デスクトップでいいのではないか、と思ったので、ステージマネージャーと比較してみた。

ミッションコントロールは、デスクトップ上の全てのウインドウを表示するもので、アプリごとにウインドウは整理はされない。
なので、ウインドウをいっぱい開いていると、目的のウインドウを探すのにちょっと苦労する。

一方、このステージマネージャーは、ウインドウが左側に、アプリごとに整理され、しかも、整理されたウインドウにはアプリのアイコンも表示されるので、何のアプリのウインドウか、見た目にも分かりやすい。
そして、そのアイコンをクリックすると、そのアプリで使っている複数のサムネイルが表示されるので、開きたいサムネイルをクリックすればいい。
ミッションコントロールは、アプリのアイコンは表示されない。

また、ミッションコントロールは、ミッションコントロールの操作が必要だが、ステージマネージャは設定でオン(メニューバーにも表示できる)にしておくだけでいい。

使ってみた感想は、1つのデスクトップ上でのウインドウの切り替えは、ステージマネージャの方が、ミッションコントロールよりスムーズな感じがした。
しかし、ステージマネージャを使う場合は、ウインドウの左側を開けておかないといけないので、画面一杯にウインドを開けない。
この点が、問題だろうか。
なお、ミッションコントロールとステージマネージャは、併用できる。

ステージマネージャは、1つのデスクトップの狭い画面で、複数のアプリやウインドウを使っている人向きのように思える。
自分の場合、広い画面で仮想デスクトップを使ってアプリを割り当てているので、ウインドウとアプリの切り替えは、ミッションコントロールと仮想デスクトップで十分であり、あえて、ステージマネージャを使う必要はないと感じた。
画面をフルに使えず、左側を開けておく、というのもイヤだし。

とはいうものの、ステージマネージャをオンにしておいて、使いたいときに画面左を開ける、というようにしてみようかな、思う。

固定資産税・都市計画税の納税通知書・課税明細書

インターネットで、地方のローカル番組を、見ることができる。
たまに見ている。
ロケ番組だと、Googleマップを開きながら、ここか…と言いながら、見ているときもある。


不動産を所有している場合、毎年、市役所等から、固定資産税・都市計画税の納税通知書・課税明細書(以下、納税通知書という)が送られてくる。
但し、土地30万円、家屋20万円、償却資産が150万円に満たない場合は、固定資産税が課税されないため、この場合は、納税通知書は送られないとのこと。
ようは、固定資産税が課税される場合は、納税通知書が送られてくる、ということになる。
なので、複数の不動産を所有し、その中に、一つだけ非課税の土地を所有している場合、納税通知書には、その不動産の記載はない。

例えば、Aさんが自宅の土地(敷地)と建物と公衆用道路(非課税)を所有している場合、納税通知書には、敷地と建物の記載はあるが、公衆用道路の記載がない。
また、Aさんが、自宅の他に、固定資産税が非課税の山林を所有していた場合、その納税通知書はない。

従って、納税通知書だけでは、その所有者が所有している不動産の全てが分からない場合もある。
そういった土地でも、登記はされているので、権利証や登記識別情報等の資料を探して、その土地のことを把握する必要がある。

もしAさんが亡くなった場合、自宅はまだしも、Aさんが山林を所有していることが分かるような資料がなく、その親族がAさんが山林を持っていたことを知らなければ、相続において、その山林を見落とす可能性もある。
そうなると、この土地については、相続登記がされないことになる。
そして、時間が経過する。
長期相続登記未了土地という問題があるが、こういうことも原因の1つになっているのだろうか。

納税通知書には、不動産の表示、評価額等が記載されているため、相続等の所有権移転登記の登録免許税を算出するときにも使える。
登記申請にも使え、申請書に原本を添付するか、原本を返してもらいたいときは、コピーを添付し原本を提出する。

成年後見の財産目録

台風15号。
静岡の方は大雨で、静岡市清水区では、その影響で、断水になったとのことだが、徐々に復旧しつつあるとのこと。


成年後見人等になったら、家庭裁判所への初回報告として、財産目録(令和○年○月末日時点(締め日))等を提出する。
財産目録には、預貯金現金、有価証券(株式や投資信託、国債等)、不動産(土地、建物)、保険(本人が契約者または受取人になっているもの)、その他の資産、負債を書くようになっている。

(1)預貯金
金融機関に対して、成年後見届をする。

締め日以降に、通帳を記帳。

○定額貯金(ゆうちょ銀行)
締め日の元利金額等明細書を取って、家裁に提出。
申立時に提出している場合は不要とのこと。

○ゆうちょ銀行以外の金融機関
締め日の残高証明書を取って、家裁に提出。
申立時に提出している場合、初回報告時において満期未到来の場合、額面100万円未満の場合は、例外として不要とのこと。
が、私は、取っておいたほうがいいかなと思い、不要の場合でも残高証明書は取っている。
また、普通預金と定期預金があって、定期預金のみの残高証明書と普通預金と定期預金の残高証明書の手数料が変わらなければ、普通預金と定期預金の残高証明書を取っている。

通帳や残高証明書等を見ながら、財産目録に記載する。


(2)有価証券等
本人が、株や投資信託等をしている場合、証券会社等から郵便物が送られているので、それを確認する。
証券会社等から「取引残高報告書」といった書類が送られていれば、その中に、どういう取引をし、その評価額はいくらか等が記載された書類があるので、それを見て、財産目録に記載する。
但し、その取引残高報告書の残高の日付と、財産目録の締め日が違う場合は、証券会社等で、締め日の残高証明書の手配し、取っておいたほうがいいと思う。

私の場合、証券会社等に連絡をして、本人の成年後見人になった旨、送付先を成年後見人にしたい旨等を連絡をし、店頭に行ける場合は店頭に行って、手続きをし、合わせて、本人の取引状況の確認をする。
そして、締め日の残高証明書を取る。
そんな感じでしている。


(3)不動産
権利証等を探す。
固定資産税が課税されている不動産なら、市役所等から納税通知書が届くし、そこには課税されている不動産の記載があるので、本人の所有不動産は分かる
しかし、これが非課税の場合、納税通知書もないので、他に資料がなければ、本人が不動産を所有していたとしても、分からない。
登記事項証明書や登記情報を取って、財産目録に記載する。

(4)保険契約
本人が保険契約をしていれば、保険会社から書類が届いているので、それを確認する。
その保険会社に、成年後見人になった旨、書類の送付先を成年後見人宛にしたい旨を連絡し、その手続きをする。
保険証券がなければ、可能ならば、再発行をしてもらう。
保険証券等を見ながら、財産目録に記載する。

(5)その他の資産
あれば記載。


(6)負債
立替金等があれば、ここに記載。
本人が賃貸人として不動産を貸していて、借主から敷金を預かっている場合、敷金はここに記載しておいたほうがいいと思い、自分はそうしている。
敷金は、将来的に、借主に返すことになるかもしれないので。

登記情報提供サービスの利用時間変更(10月1日から)

台風が過ぎて、だんだん涼しくなってきた。
長袖を出した。
暑さ寒さも彼岸まで、というが、ちょうどお彼岸の時期。
と思ったら、明日からの連休、また台風15号で、東京方面は雨だとか。


登記情報提供サービスの利用時間が、今年の10月1日から変更になるとのこと。
登記情報(不動産、商業)等については、これまで、平日の午前8時30分~午後9時までだったが、今年の10月1日からは、平日は午後8時30分~午後11時まで、土日祝日は午前8時30分~午後6時までとなるとのこと。

私は、登記情報提供サービスを、推奨環境ではない環境で使っているが、問題なく使えている。
推奨環境、OSは、Windowsだけだしな。

また、WordやExcelもMac版を使っているので、Windows版のWord等での使い方を説明されても、Mac版とWin版は少し違うので、ちょっと困る。
ま、これが少数派ってことなんだけど、そういう違いも面白い。


今日から9月

今日から9月。
って、もう9月。
今年も残すところ、後4ヶ月。

先日、道を歩いていたら、あれ?人が倒れている…。
通りがかった人が集まって、助けて、救急車を呼んで、でも救急車は出払って、来るのに、時間がかかるそうだ。


月初めは、記帳。
金融機関をはしごしていたら、蒸し暑くて、汗だく。
立川駅周辺には、ほとんどの金融機関の支店やATMがあるので、助かる。

普通預金と定期預金が一緒になった通帳がある。
この場合、ATMで普通預金を記帳しても、定期預金の方は記帳されない。
普通預金の記帳が終わったら通帳が出てくるので、定期預金のページを開いて、また記帳する。
いっぺんでできませんか?と聞いたら、できないとのこと。

東京の場合、成年後見人等になって、家庭裁判所に初回の報告をするとき、ゆうちょ銀行の定額貯金については元利金額等明細書を、その他の金融機関の定期預金の場合は原則として残高証明書を、その通帳の写しと併せて提出することになっている。

金融機関に、事前に残高証明書を申請しておくことは可能か、ときいたら、ダメとのこと。
証明日の翌日以降に窓口に来てくださいとのこと。
予約はしなくていいそうだ。

 

本人限定受取郵便

「漢字とは何かー日本とモンゴルから見る」(岡田英弘著、藤原書店)という本を読んだ。
なかなか、面白かった。
漢字は、言葉が違う種族同士が、商売で使う符牒として使われた。
漢字は、目で見て分かる文字なので、読みはどうでもよかった。
漢字は、各地で字体も読みもバラバラだったが、秦の始皇帝がシナを統一したとき、バラバラでは困るので、字体を統一し(篆書)、一字一音と決めた。
漢字は表意文字だが、日本人は、表音文字として使っていると指摘されていた。
確かにそうかも。
「本」という字を見たとき、真っ先に考えることは、「ほん」という読みであって、樹木の根本という意味、あるいは書物と言う意味の本ではないだろう。
そういう意味では、日本人は、漢字を表音文字として使っている、とのこと。
一方、漢人にとっての漢字は、表意文字なので、日本人のようにはいかない。
日本人なら、「本」を平仮名を使って「ほん」と表現できるが、表意文字の漢字しかもっていない漢人には、それができない。
表意文字は、言葉の音を表すようにはできていない。


本人限定受取郵便のお知らせが届いた。
封を開けたら、「特例型」とあった。

本人限定受取郵便には、「基本型」「特例型」「特定事項伝達型」の三つがある。
特例型の場合、郵便物の受取は、郵便局の窓口となるが、自宅等への配達も可能とのこと。
立川郵便局で受取り、とあったので、立川郵便局まで受取りに行った。
なお、希望すれば、立川郵便局以外の郵便局窓口での受取りも可能とのこと。
本人限定受取郵便を受取るときは、運転免許証や個人番号カード等の本人確認書類が必要。
郵便局がコピーを取る。
受取ったら、受取のサインをする(または印鑑を押す)。

手差し印刷

チェック用とか印刷するときは、ミスプリ等した裏紙に印刷している。
ただ、裏紙の再利用はしないほうがいいらしいけど、もったいないので、使っている。

手差し印刷して、その後に、自動印刷するとき、「カチャ」と用紙トレイの音がして、あっと気付く。
設定し直すのを忘れる。
紙のムダ…。


夏の甲子園、仙台育英高校が優勝した。
東北勢では初優勝だという。
「白河の関越え」とあったので、場所はどのあたり?とか、ネットで検索してみたり。

準優勝の下関国際高校、試合開始直後に、サーバーダウンしたとのこと。