ホーム » 費用 » 簡裁訴訟代理等関係業務の費用

簡裁訴訟代理等関係業務の費用

■目安
費用の目安は、次のとおりとなります。事案の複雑さに応じて、費用は変動します。

■代理人の場合と書類作成者の場合
このページは、代理人としての費用について書いています。

■着手金と成功報酬
下記手続を取る際に、事前に着手金を頂いております。
着手金は、手続をとる前に、当事務所へお支払い頂く費用です。着手金の支払を受け、事件に着手します。
成功報酬は、事件が終了してからお支払い頂く費用で、得た利益に基づいて算出します。

 

  着手金 成功報酬
少額訴訟 54,000円 ~10.8%
通常訴訟(過払金返還訴訟は除く) 75,600円 ~10.8%
民事調停(特定調停は除く) 75,600円 ~10.8%
支払督促 54,000円 ~10.8%
示談・和解(任意整理は除く) 75,600円 ~10.8%
民事保全 75,600円 ~10.8%
少額訴訟債権執行 75,600円 ~10.8%
出廷・調査等日当 10,800円~

*少額訴訟から通常訴訟へ、支払督促から通常訴訟へ、民事調停から通常訴訟へ、それぞれ移行した 場合は、差額分をご請求させていただきます。
*訴訟や調停等にかかる、交通費や収入印紙代・切手代等の実費は、別途ご請求させていただきます。

<実費>
○収入印紙
○切手
○交通費
○代表者事項証明書(当事者が法人の場合に必要)
○不動産登記簿謄本(全部事項証明書)(不動産に関する訴訟等の場合に必要)
○評価証明書(不動産に関する訴訟等の場合に必要)
○戸籍謄本や住民票等の取得費用
など


■費用の支払いが困難な方へ
司法書士への報酬等の支払いが困難な場合、「民事法律扶助」を利用することができる場合 もあります。これは、司法書士報酬等の金額を、一時的に立て替えてくれる制度です。立て替えですでの、後々は、返済が必要になります。
民事法律扶助を利用するためには、一定の資力基準と審査が必要です。
法律扶助について詳しくは、日本司法支援センター(法テラス)のサイトをご覧ください。

当事務所でご依頼を受けた場合で、民事法律扶助の対象と思われる場合は、民事法律扶助を薦めます。そのときは、当事務所から日本司法支援センターへ、民事法律扶助の申込みを致します(当事務所においては、場所がら、法テラス立川に申込みに行きます)。
民事法律扶助を利用する場合は、後日、法律扶助の審査のため、法テラス(法テラス立川で申込めば法テラス立川)へ行かねばなりませんが、そのときは、司法書士も同行します。