ホーム » 司法書士 » 相続人代表

相続人代表

リーガルサポートからの通知によれば、
来年から、東京家庭裁判所において、第三者専門職後見人等が裁判所に印鑑届を提出し、裁判所書記官が印鑑届に関する証明書の発行を行うことになった、とのこと。
ようは、家庭裁判所から、成年後見人等の印鑑証明書が発行されるようになる、ということである。
但し、これは東京家裁本庁のみの取扱いで、立川支部では未定とのこと。

成年後見人等で印鑑証明書が必要になるのは、例えば、次のときである。
(1)金融機関において成年後見届をするとき
(2)成年被後見人等が売主になる売買の所有権移転登記を申請するとき
(3)成年被後見人等が相続人になった場合に行った遺産分割協議書に添付する

ということで、今後、東京家裁管轄の成年後見人等になって、上記のようなことが生じた場合は、東京家裁で印鑑証明書の発行を受けてから、これをすることとなる。

<H29.12.29追記>
この印鑑証明書は、不動産登記において使用するためのものとのことです。
つまり、上記(2)のようなときのためのものとのことです。

 

成年後見人になっている件で相続が発生し、私が相続人代表となって相続手続をしていたものがあった(相続人間で話したら、それでいいとのことだったので)。
相続人代表を定めることと相続人代表が相続手続を行うことについては、遺産分割協議書内に記載しておいた。
そうしておけば、別途委任状をもらう必要はないので。
もっとも、各金融機関の相続手続用の書式には、相続人代表を記載する欄があるので、遺産分割協議書内に記載がなくても、これだけで事足りたかもしれないが、遺産分割協議書内に記載があったほうがいいと思った。
念のため、某金融機関で聞いたら、遺産分割協議書内で相続人代表を決めているのだったら、その金融機関に提出する書類の相続人代表欄には記載しなくてもいいとのことだった。

相続手続の際は、せっかくなので、法定相続情報証明制度を利用した。
そして、その法定相続情報証明書を使って、金融機関で相続手続をしてみたが、金融機関から特に何も言われることなく、手続は完了した。

 


2件のコメント

  1. 家裁から印鑑証明書が発行されるようになり便利になると感じたのですが、裁判官が研修で法務局に提出する場合のみを想定していると言っていたので、銀行への届出の際に使えないことが分かり、残念でした。一番使いたいのは、銀行への届出の場合なので。

    • まじたきさん、ありがとうございます。
      後見用の印鑑証明書は、不動産登記が前提なのだったのですね。
      そういえば、印鑑届の注意書きに、「交付申請は不動産登記手続を行う場面で行ってください」という記載がありましたが、そういうことだったのですね。
      確かに、成年後見人等の印鑑証明書は、金融機関への届出のときに最も使うので、金融機関への届出のときにも使用できるような印鑑証明書にしてほしいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です